キャッシングとカードローンの違いをご存じですか?意外にもみなさん、言葉は知っていても違いまでは知らないという方多いかと思います。
違いなんてあるの?と思っている人も居るかもしれません。実は、キャッシングもカードローンも、お金が少し足らないなと思ったときに、事前申し込みをし、審査などを受けて、 一般的な条件をクリアしておく必要があるのは同じです。申し込み方法は、わざわざ店舗まで出かける必要はありません。
今時はインターネットで必要な情報を入力します。そこまでは同じです。大きな違いは、返済方法になります。
キャッシングの場合、借金は翌月一括払いで利息をプラスして返済する必要があります。
1回で返済が終わるので、利息の計算がしやすいため、返済計画を立てやすいのが特徴です。
したがって、毎月決まった収入があり、その中から、借りたお金を確実に一括で返済できる少額の借り入れに向いています。
一方、カードローンは、上限額内ならいくらでも何度でもお金を借りることが出来ます。返済は分割で行います。
借入した翌月に一括返済できないほどの資金が必要になり借りた時に、分割で返済出来るので、月々の返済の負担が少なくなるのがメリットです。
しかし、分割返済したときは、利息がその都度かかりますので、返済トータル金額がどんどん増えていきますので、返済計画が立てにくい傾向にあります。
分割して払うと言う意味では、クレジットカードのリボ払いに似ていますね。また、延滞したり、返済するためにまた新たに借金するなどの多重債務となる場合もあります。
自分で意識して、計画的に返済をしましょう。
また、カードローンは大手銀行系が取り扱っているローンが多いため、キャッシングと比較しても金利が低く設定されています。
金利が低く設定されている分、申し込み時の審査もキャッシングや街の消費者金融と比較しても断然厳しい内容になっています。
ちゃんとその方が返済能力があるのか見極められます。
自分の借入は、上記の内容から良く検討し、向いている方で申し込みをしましょう。