在籍確認は基本あるもの

債権者(貸主)も返済をしてもらわないと倒産してしまうので、債務者(借主)の収入先の会社が存在していて本当に努めているのかを確認するのは当然ですよね。
そういう理由から在籍確認を全く受けないで融資を受ける事は難しいでしょう。

在籍確認の内容

在籍確認は電話での確認が一般的です。
電話がかかってくるといっても、金融会社を名乗ってかかってくることはほとんどなく、「斉藤です」など担当者の個人名でかかってくるのでよっぽどでない限り会社の人にすぐにバレてしまうと言う可能性は低いでしょう。

こうしたらなしにできるかも

しかし中には普段会社に個人宛に電話がかかってくる事がなく、突然個人宛に電話があると不自然な場合や事情があって電話での確認は都合が悪い人もいると思います。
そんな時は電話での在籍確認をなしにしてもらう方法があります。
申し込み後に本人確認の連絡が来るので、その際に電話での在籍確認が不都合であることを業者の人に相談してみましょう。
融資の審査によっては追加の書類を提出することで電話での在籍確認を避けてもらえることがあります。
主な提出物としては源泉徴収・会社の健康保険・社員証・直近の給料明細書・確定申告書など収入が証明できるものになります。
提出方法は写メールやFAX、郵送で送るという簡単な方法です。
即日融資ができるキャッシング会社を確認するならコチラ!⇒http://www.mitaakira.com/

正し絶対とは限らない

電話での在籍確認をなしにする場合にいくつか注意点があります。
・申し込みの入力フォームにミスがあったり収入の額に誤りがあった場合、勤務先に電話連絡が来ることがある
・電話での在籍確認をなくすことにより希望の融資の額から減額されてしまう可能性もありうる
・指定の口座をもっている必要がある場合がある
・審査によっては電話がかかってくる場合がある

まとめ

電話での在籍確認なしにするメリットはプライバシーを守れること。誰にも知られずに借りることができます。
デメリットとしては書類を用意したり提出する手間がかかることがあげられます。
また必ず電話がかかってこないという訳ではなく、かかってくるリスクもあることは知っておきましょう。